C:F Diary

はてなダイアリーで書いていた記事です。更新はしません。

医学部の難しさ

「医学部は最難関だ」「私立大学医学部も難しいらしい」「現役合格は無理だ」「東大・京大くらい難しい」などの話を耳にしたことがある人は多いかと思います。いったい、医学部はどのくらい難しいのでしょうか。
国公立大学の一般入試では、1次試験としてセンター試験が課せられます。医学部をめざす場合、センター試験は5教科7科目(900点満点)で受験をします。どこでもよいからどこかの医学部へ合格するためには、センター試験で何点くらい得点をすればよいか。
得点率で示すと約85%以上(765点)必要で、旧帝大などの難関大の場合には約90%(810点)になります。得点率90%は、東京大学の理工系学部(理1、理2)とほぼ同じです。地元出身の成績上位者が地元の医学部を志望する割合が増えたことで、医学部はどの大学も難化しました。
センター試験で得点率85%以上が、国公立大学医学部に合格するための必要条件となります。では、国公立大学の2次試験の学科試験や私立大学の学科試験で、合格するために必要な学力について見てみましょう。今回、使用するのは株式会社ベネッセコーポレーションが実施している「進研模試」の7月実施総合学力記述模試のB判定偏差値[合格可能性60%以上80%未満]です。
国公立大学も私立大学も、どこかの医学部へ合格するための偏差値は70以上となります。全般的に私立大学よりも国公立大学の方が、上位偏差値の大学が多いです。
ところで私立大学の偏差値の高さに驚いた人も多いのではないでしょうか。日本で最難関の理工系学部である早稲田大学創造理工(機械)の偏差値は73で、慶応大学理工学部学門1も偏差値は75です。
保護者の中には「私立大学医学部は、国公立大学医学部の滑り止め」と考えている人がいるかもしれませんが、現在は多くの受験生にとって、私立大学医学部は滑り止めにはならないと考えてよいかもしれません。

4か国語放送

官房長官は26日、訪日外国人の災害対策を強化するための指針をまとめ、週明けにも国土交通省がJR各社に要請することを明らかにした。主要駅の構内放送を原則4か国語とすることなどを柱とする。訪問先の大阪市内で記者団に語った。
指針は、災害時における新幹線などの運行情報を外国人に円滑に提供するのが目的だ。構内放送は日本語のほか、英語、中国語、韓国語で実施することを求める。ホームページ上の運行情報を30分ごとに更新することも盛り込む。
昨年9月の台風21号の際には、情報伝達の不備から関西空港で外国人利用客が孤立するなど、政府内で対応強化の必要性が指摘されていた。
菅氏はこれに先立ち、JR東京駅や新大阪駅などを視察した。菅氏は記者団に対し、「外国人への広報は不足していた。JR各社は改善策を早く実行に移してほしい」と述べた。

アニメ会社の現実

2018年11月、あるアニメ制作会社(以下、A社)の、アニメーターへの発注書がTwitterに投稿され注目を集めました。
そこに書かれていたのは、「(原画が)リテイクを経ても評価が変わらない場合、発注時提示価格から-50%の支払い」「納期超過した場合 48時間経過で-5% 以後24時間ごとに5%ずつ減額し、累積で25%まで減額」など、クオリティーや締め切りに対する厳格な内容でした。
これに対しTwitterでは賛否が巻き起こります。「スケジュールを管理する立場からするとこれくらい厳しくても良い」と発注書の文面に賛同する意見もある一方で、「下請法に抵触するのではないか?」という意見も。
納品物のクオリティーや、納期超過へのペナルティーについてこれほど厳密に定めた発注書は珍しいため、ねとらぼ編集部ではその意図や効果についてA社に取材を申し込みました。
合わせて、「下請法上問題はないのか?」という疑問もあったため、その適法性について、アニメ制作等に詳しいB弁護士、業界団体の日本動画協会と日本アニメーター・演出協会(JAniCA)にそれぞれの見解を聞きました。
結論からいうと、「下請法違反とは断定できない」「ただし一考の余地あり」というのが実際のところのようです。

賞金女王

世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が世界の頂点に立つ前に、日本女子生涯賞金女王となった。
大会前に、杉山愛が持つ歴代最多賞金812万8126ドル(約8億9410万円)に44万5264ドル(約4900万円)まで迫っていたが、決勝進出で最低でも205万豪ドル(約146万ドル=約1億6500万円)を上乗せし更新が確実となった。日本男女を通じて全豪シングルス史上初の優勝と、アジア選手初の世界1位をかけ、今日26日の決勝で同6位のペトラ・クビトバチェコ)と対戦する。
世界の頂点の前に、まずは日本の賞金女王だ。大会前の14日時点で、大坂の生涯獲得賞金は768万2862ドル(約8億4510万円)。決勝進出により、日本女子でただ1人、800万ドルの大台に乗っていた杉山を軽々と超え、日本女子初の900万ドルの大台も濃厚だ。
今大会の賞金は豪ドル建て。準優勝で205万豪ドル(約1億6500万円)。優勝すれば410万豪ドル(約3億3000万円)だ。獲得賞金は米ドル表示なので、換算が必要だが、それでも杉山を抜くことは間違いない。日本円で日本女子初の10億円選手も誕生する。
そのスピードがすごい。杉山が単複合計1772試合で8億円以上稼ぎ出したのに対し、大坂はわずか321試合だ。獲得賞金が10億円だとすれば、1試合平均約310万円の稼ぎとなる。試合時間が約1時間半だとすると時給約207万円となる。年々、ツアーの賞金額が増大しているとはいえ、最速賞金女王であるともいえそうだ。しかし上には上がいる。14日付、世界女子の歴代賞金額を見ると歴代最多はS・ウィリアムズ(米国)の8823万3301ドル(約97億円)。大坂の約10倍だ。杉山が58番目で、大坂は62番目。ただ今大会の賞金を加えると日本女子初のトップ50入りも見えてきた。

4Kテレビ購入率

全国の主要家電量販店・ECショップからパソコン本体、デジタル家電などのPOSデータを毎日収集・集計する「BCNランキング」によると、2018年12月のテレビ全体の販売台数比率で4K以上の割合が48.3%を記録。販売金額は76.8%に達した。
1年前の17年12月は販売台数比率が39.5%、販売金額比率は69.4%。すでに市場の成熟がうかがえたが、ここからどちらも10%近く数字を上乗せした。市場全体も昨年を上回るペースで成長しており、4K以上に絞れば販売台数の前年比は129.2%と好調だ。
18年後半には4Kチューナー内蔵モデルの登場や新4K8K衛星放送の開始など、市場を盛り上げるトピックも多かった。19年も来年に迫った東京五輪需要で消費はさらに加速することが予想される。

立ちはだかる壁

第8シードの錦織圭(29)=日清食品=は、世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=との準々決勝を途中棄権した。4大大会の途中棄権は2016年ウィンブルドン4回戦以来。1ー6で落とした第1セット終了後、右太ももの治療を受けたが動きは重いままで、第2セット1ー4の時点で棄権を申し入れた。
今大会は4試合のうち3試合がフルセットで18セット、185ゲーム、13時間47分をコートで過ごした。ダメージは大きく、前日は練習を回避して休養と回復に努めたが十分には動けなかった。以下、会見での主な一問一答
―棄権した状態は
「試合前は大丈夫だったが、第1セットの第3、4ゲームであたりでサーブをした後、右太ももに強い痛みを感じて、蹴ること、曲げることが痛くてできなかった。ジョコビッチとやる時はいつも満身創痍というか、一番きつい時に対戦が来る」
疲労はあったか
「4回戦はとても動き回ってエネルギーを使った。片足が使えない状態でノバクに勝つのは難しい。このような形で敗退することになり自分でもガッカリしている」
―シーズンの今後に向けて
「初めとしてはいいスタート。これから4大大会での活躍が重要になってくるし、8強以上を超えられないというのはすごく悔いが残る。ひたすら頑張っていくしかないと思う」

アメリカ大統領の嘘

米紙ワシントン・ポストは21日、トランプ大統領が就任してからの2年間で、虚偽の発言や誤解を招く主張が計8158回に及んだと報じた。2年目に入ってペースが上がり、1日平均16.5回、ウソや間違いを言っているという。
同紙は、トランプ氏の就任以来、その発言のファクトチェックを続けている。
集計によると、トランプ氏のウソや間違いは、1年目は1日平均5.9回だったが、2年目は計6千回以上にのぼり、1日平均は16.5回で、3倍近いペースに跳ね上がった。
政策分野別では、トランプ氏が目玉政策として固執し続ける「国境の壁」に絡み、移民問題が1433回で一番多かった。特に壁建設をめぐる与野党対立によって政府機関の一部が閉鎖に追い込まれるなか、最近の3週間だけで300回ものウソを積み上げた。
トランプ氏が19日に、野党側に政府閉鎖をやめるために取引案を提示した演説でも12回あった。例えば、トランプ氏は「頑強で完全な鉄製のバリアーを南の国境に建設すれば、犯罪率や麻薬問題はあっと言う間に大幅に削減される」と訴えた。しかし、同紙によると、国内で売られる違法な麻薬のほとんどが通関所をすり抜けて流入しており、壁の建設とはほとんど関係ないという。