C:F Diary

はてなダイアリーで書いていた記事です。更新はしません。

YouTube再生ランキング

Yahoo!ニュースより
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6246667

韓国人アーティストPSY(サイ)のスタイリッシュなビデオクリップ「Gangnam Style(江南スタイル)」は、そのサイケデリックな歌とダンスが社会現象となり、世界中に旋風を巻き起こし、視聴するとまるで楽園にいるような気分にさせてくれた。だがこのほど、「YouTube」でこれまでに最も視聴された動画の座を明け渡した。
5年にわたって首位を維持していたが、敗れた相手というのがまた意外な動画だ。映画「ワイルド・スピード SKY MISSION(原題:Furious 7)」のサウンドトラックで、Wiz KhalifaとCharlie Puthが共演したバラード「See You Again」だ。この記事を書いた時点で、29億981万4489回。これに対し、「Gangnam Style」の再生回数は同時点で28億9791万758回だ。
「See You Again」の成功はいつまで続くだろうか? このクリップが首位になるまでには2年かかった。急速に追い上げている他の動画もいくつかある。 たとえば、Luis Fonsiによるヒップ調の「Despacito」は、再生回数が25億2888万8759回に達しているが、1月に公開されたばかりだ。Justin Bieberの「Sorry」やMark RonsonとBruno Marsの「Uptown Funk」などもトップ5に入っているが、そのすぐ後には、意外にもロシアの子供向け番組「Masha and The Bear」が続いている。

※記事と再生回数が違いますが、これはこのダイアリーを書いた時点(7月14日午前0時半)での再生回数を記録しました。7月12日の記事ですが、そこは気にしないでください。

に、29億だと…。もう少しで30億じゃないか。国内でもミリオン動画はよく見るけど、1000万越えはあまり見ないから、世界だと2〜3億くらいかな? と思ったけどそんなことはなかった。想定の10倍でした。まだまだ僕には知らない世界があるようだ。ちなみに、去年話題になったピコ太郎の「PPAP」は1億2277万3165回でした。あ、国内でも億越えは普通にあるのね。

しかし世界でもトップを争う動画だってのに、このPSYって人は(少なくとも僕は)聞いたことないな。記事のコメントを見たら「話題になってた時は再生数を工作していた」「誰も見たことないのに1位の不思議な動画ですね」などあったので納得。検索してみたら何となく顔が某総書記っぽくて笑ってしまった。髪型は違うけどね。

年齢も39歳(今年で40歳)とか完全にオッサンですな。よくこれでブレイクできたなあ…。上記に書いた「江南スタイル」がよっぽど面白かったのか。いや、さっき言ったように工作したという手もある。F5キーを押しまくったのかな。