C:F Diary

はてなダイアリーで書いていた記事です。更新はしません

AirDrop共有問題

Yahoo!ニュースより
iPhoneに関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース

先日、ちょっとスマホで調べ物をしながら(本当はダメです)駅へと向かっていました。URLをメモしようと共有ボタンをタップすると、そこには見知らぬ人のアイコンが……。しかもご丁寧に、「○○のiPhone」と、本名が丸ごと表示されています。
これは、iOSの「AirDrop」という機能によるものです。このAirDropは、近くにあるiOS端末をBluetoothで認識し、その人に写真やメモ、URLを直接送るという転送手段です。4G通信を使わないので通信容量を消費することなく、数タップでコンテンツを送りあえる便利な機能です。ちなみにmacOSでも使えます。
さて、もし今、あなたがiPhoneなどのiOS端末を使っていて、「AirDrop共有問題」といわれてもピンとこなかったら、今すぐ「設定」→「一般」→「AirDrop」を開いて「連絡先のみ」(もしくは「受信しない」)を選択してください。もしくは、画面を下から上にスワイプし、左上隅のネットワーク設定のカードを長押しして、AirDropの設定を「連絡先のみ」にしましょう。
この設定を「すべての人」としていると、周りを歩いている全く無関係な他人に本名まで知られてしまうリスクがあります。できれば、この本名の入ったiPhoneの名前も、きっちり変更しておくことをお勧めします。インターネット共有などでも出てきてしまいますからね。
AirDropiOS 7から搭載されている機能で、この問題も当時から何度も話題になっていました。にもかかわらず、いまだに「本名ダダ漏れiPhone」をよく見かけます。まだまだ、周知が足りていないのでしょう。

AirDropは使ったことないからどんな機能なのか分からなかったけど、ちょっといじるだけで見知らぬ人たちに自分の本名を知られてしまうんですね。その設定を開いてみたら、こんな文章が。
AirDropで近くの人とすぐにデータを共有できます。AirDropで検出可能にして、すべての人から、または"連絡先"に登録済みの人のみから受信可能にできます。」そして項目は「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の3つ。…いやいや、すべての人から受信可能にするのはダメでしょう。そりゃあ4G通信を使わずに写真やメモ、URLを直接送れるっていうのはいいと思いますよ。しかし、もし悪意のある人が変な写真やメモを送ってきたらどうするんですか? 貰う側からすれば不快にしかなりませんよね。

そこで対策として設定からAirDropを開き、連絡先のみまたは受信しないにしておきます。おそらく、初期設定でここは「連絡先のみ」ってなってますよね。僕の場合もそうでしたから。でも連絡先のみの場合も何か怖いので、受信しないにしました。これで問題は大丈夫だ。
Bluetoothが搭載されているスマホはほとんどがクラス2って書いてあったから、通信できる範囲は10メートルといったところか。それでも、満員電車とかは10メートル以内でも十分に人がいますよね…。やってる人はやってるんだろうな。